TEL:0866-65-1182

岡山県井原市岩倉町340-1

私の蔵書&趣味

岡山県 井原市 歯医者 歯科 インプラント 審美歯科 ホワイトニング 予防歯科

私の蔵書&趣味

料金表

携帯サイトは左のQRコードを携帯電話で読み取ってアクセスして下さい。
HOME»  ブログ記事一覧»  私の蔵書»  のぼうの城

のぼうの城

のぼうの城

書名
のぼうの城
著者名
和田竜
出版社
小学館

舞台は、豊臣秀吉による天下統一目前の戦国時代。北条家は小田原城に篭城し秀吉に最後まで抵抗を続けるも、結局は秀吉の大軍の前になすすべなく開城をしてしまう。その中、たった一つだけ最後まで戦い、落ちなかった支城があった。その城の名は「忍城」。城主は、でくのぼうとあだ名され、家臣だけでなく領民からも「のぼう様」と呼ばれる無能の大男、成田長親。石田三成率いる二万の豊臣勢を迎え撃つは、農民含めて二千強の成田勢。この戦やいかに・・・

歴史小説ですが、どちらかというと柔らかいイメージで、終始明るい雰囲気で読めます。何を考えているか分からない「のぼう様」と、それを取り巻く個性豊かな家臣たち、そして攻め手の石田三成、大谷吉継、長束正家、皆いきいきと描かれています。

石田三成は書き手によって、いろいろなキャラになりますね。あるときは高慢な嫌われ者、あるときは友情に厚く頭も切れる知恵者、両極端です。一方、大谷吉継ですが、僕はこの人物について悪く書かれた物を見たことが無い。やはり義を重んじ友情の為に命を賭けた人物は誰からも賞賛されるのでしょう。関が原の戦で病を押して輿に乗って出陣し、非業の最期を遂げる逸話が有名ですが、作品中の大谷吉継は現役バリバリの勇将として登場します。
少数で大軍相手に奮闘する様を痛快に描いています。気軽に読めますので、女性の方にもお勧めできます。

映画化もされるみたいで、主演は野村萬斎だそうです。
ここで紹介する本は、映像化されるものが多いですが、決して話題になったから読んでいるんじゃなくて、読んだら面白かった→みんなも面白い→映画・ドラマ化の図式です。要するに僕はミーハーではないということを強調しておきます。そのうち誰も知らないような本も紹介していきます。

2014-12-02 12:03:45

私の蔵書   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント