TEL:0866-65-1182

岡山県井原市岩倉町340-1

私の蔵書&趣味

岡山県 井原市 歯医者 歯科 インプラント 審美歯科 ホワイトニング 予防歯科

私の蔵書&趣味

料金表

携帯サイトは左のQRコードを携帯電話で読み取ってアクセスして下さい。
HOME»  ブログ記事一覧»  私の趣味»  選手列伝vol.17 盛田幸妃

選手列伝vol.17 盛田幸妃

選手列伝vol.17 盛田幸妃

①名前
:盛田 幸妃(もりた こうき )
②生年月日
:1969年11月21日
③経歴
:函館有斗高校ー大洋(87年D1位)ー横浜ー近鉄
④在籍期間
:88年~97年
⑤守備&投打
:投手 右投右打
⑥主なタイトル
:最優秀防御率,カムバック賞
⑦愛称
⑧その他
:悲運のセットアッパー


~思い出~
細身の体、ムチのようにしなる腕から繰り出す打者の胸元をえぐるシュートが決め球(えぐりすぎて落合にはしょっちゅう睨まれてたなww)。当時まだ「セットアッパー」という言葉も定着していなかった92年に、江尻亮監督に見いだされ「盛田&佐々木のダブルストッパー」としてブレイク、この年に最優秀防御率のタイトルを獲得する。

92年は「中山事件」でローテーションの柱を失い、シーズン早々に須藤監督は休養を表明するという波乱のシーズンでした。エースの野村も不調、そんな中、盛田は開幕から先発で無傷の5勝をあげます。まさに孤軍奮闘です。しかし休養の須藤監督から引き継いだ江尻監督は、その盛田を先発から中継ぎへ配置換え。当時のストッパーはまだ「大魔神」と呼ばれる前の佐々木でした。「佐々木につなげば勝てる」という信念による大英断でした。この配置換えは功を奏し、「大洋戦は7回までにリードをしていないと負ける」と多くの解説者が口をそろえて言うほど、盛田ー佐々木の継投は盤石でした。
しかし!問題は6回まで投げれるピッチャーがいないということでした。当時の先発陣を振り返ってみると・・・斉藤明夫・遠藤(この二人はおじいちゃんだからしょうがない)・不調の野村・岡本透・田辺・有働・大門・・・今さらですが、寒気がするローテーションです。しかし、終盤の強さは見ていても面白くて、この頃のホエールズにすっかり魅了されてしまいました。

97年オフに中根とのトレードで近鉄に移籍しますが、翌年の98年に横浜は優勝・日本一に輝きます。歓喜の輪の中に盛田がいないのが、凄く寂しかったです。その後脳腫瘍を発症し、長期の闘病生活をおくる事になります。日常生活も危ぶまれるという見通しの中、盛田は見事に復活し、1軍のマウンドに立ちます。2001年の日本シリーズで登板している盛田の姿を見て、涙が出ました。本当に良かった!
僕の思い入れの強い選手です。本当にお疲れ様でした!
 

2015-02-03 16:05:35

私の趣味   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント