TEL:0866-65-1182

岡山県井原市岩倉町340-1

私の蔵書&趣味

岡山県 井原市 歯医者 歯科 インプラント 審美歯科 ホワイトニング 予防歯科

私の蔵書&趣味

料金表

携帯サイトは左のQRコードを携帯電話で読み取ってアクセスして下さい。
HOME»  ブログ記事一覧»  私の趣味»  選手列伝vol.10 駒田 徳広

選手列伝vol.10 駒田 徳広

選手列伝vol.10 駒田 徳広

①名前
:駒田 徳広(こまだ のりひろ )
②生年月日
:1962年9月14日
③経歴
:桜井商業高校ー巨人(80年D2位)ー横浜
④在籍期間
:94年~00年
⑤守備&投打
:内野手 左投左打
⑥主なタイトル
:Gグラブ賞(10回)
⑦愛称
:満塁男
⑧その他
:無事これ名馬なり!

~思い出~
マシンガン打線の5番打者。鉄壁の守備と安定した打力、満塁時の異常なほどの無双ぶりで優勝に大きく貢献。

FA制度元年の94年にFAで横浜に移籍、球団発のFA獲得選手となる。当時巨人でレギュラーで活躍していたが、巨人は93年のオフにFAで落合博満を獲得。落合とは同じ一塁手、出場機会の激減が懸念された駒田は苦渋の決断でFA権を公使することになる。
一方93年の横浜では、高木豊・屋鋪要・山崎賢一・大門和彦・松本豊・市川和正のベテラン6選手の大量リストラが行われています。これには賛否両論ありました。結果的にはチームの若返りを成功させています。一方では、ベテラン、功労者に冷たい球団だというイメージが定着してしまいました。(後の石井琢朗、佐伯貴弘、谷繁元信らの退団にも通じます)
ファンの心情を一番逆撫でしたのは、6選手の年俸≒駒田のFA移籍費用だったという偶然とは思えない事実でした。

僕はジャイアンツが大嫌いです。当然ジャイアンツの選手も大嫌いです。駒田も大嫌いでした。
しかし駒田が移籍してきた時の気持ちは、
「えっ!あの駒田が来るの?(来てくれるの?)」だったのをハッキリ覚えています。
大嫌いだった選手が戦力として来るとなった時感じたのは、意外にも頼もしさと期待と嬉しさでした。後に、仁志敏久や工藤公康などの大物が巨人から移籍してきた時も、この時と同じ気持ちになりました。

巨人時代の成績に比べたら、正直少し物足りない感じはしましたが、若い選手ばかりのチームの中でのベテラン駒田の存在は大きかったし、駒田なくして優勝もなかったと思います。
横浜で2000本安打を達成したのも凄く嬉しかったです。この源になったのが、ケガの少ない体でした。
名前にも「馬」が入っている上に、誰が見ても「馬づら」であったので、当時の解説者は口をそろえて「無事これ名馬なり」という賛辞をおくっていました。



 

2015-01-09 12:21:39

私の趣味   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント