TEL:0866-65-1182

岡山県井原市岩倉町340-1

私の蔵書&趣味

岡山県 井原市 歯医者 歯科 インプラント 審美歯科 ホワイトニング 予防歯科

私の蔵書&趣味

料金表

携帯サイトは左のQRコードを携帯電話で読み取ってアクセスして下さい。
HOME»  ブログ記事一覧»  私の蔵書

私の蔵書

私の趣味 私の蔵書
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

書籍「村上海賊の娘」39

書名
「村上海賊の娘」
著者名
和田竜
出版社
新潮社
わたしの一行
「俺は男親ぞ。娘を甘やかす意外に何ができる。」(村上武吉の一言)
〜内容&感想〜

以前紹介した「のぼうの城」の作者、和田竜の作品で2014年の本屋大賞受賞作です。
和田竜の作品はどれも面白くて全部読んでいますが、「小太郎の左腕」以来、作品をを見かけなくなったな〜と思ってたら、4年の歳月をかけてこの大作を執筆していたんですね。
本屋大賞にふさわしい、和田竜の最高傑作です!歴史小説好きな方には絶対にオススメです。

舞台は瀬戸内海と大阪。僕にとってはどちらも身近なエリアで地名も馴染み深いものばかり。
天下統一を目指す信長が、大坂で本願寺顕如率いる一向宗と交戦中。兵糧攻めにあった本願寺は、毛利家に兵糧の援助を依頼する。
主人公は村上海賊の当主、村上武吉の娘の景(きょう)。姫でありながら、手下の海賊衆とともに海賊家業に精を出す毎日で、ブサイクな外見もあって嫁のもらい手がなく、父武吉は婿探しに苦心する。そんな中、主家の毛利家より「大坂の本願寺に兵糧を届けよ」との命が下る・・・

「のぼうの城」の時は「忍城攻防戦」、和田竜が題材にするのはマイナーな戦です。今回は「第一次木津川口の戦」がテーマです。史上有名なのは、九鬼嘉隆率いる織田水軍が鉄甲船で毛利水軍を破る「第二次木津川口の戦」の方ですが、今回は第一次の方です。
マイナーな戦なので、登場人物もほぼ知らない人ばかりでした。主人公の景はもちろん、真鍋七五三兵衛(しめのひょうえ)、乃美宗勝、児玉就英、沼間義清・・etc、実在するようですが全く知りません。かろうじて村上家の武吉や吉充、原田(塙)直政、下間頼竜らは「信長の野望」で見かけた事がある程度。有名どころは本願寺顕如と雑賀孫一くらいでしょうか。
真鍋七五三兵衛は、大坂堺を根城とする真鍋海賊の当主ですが、真鍋海賊のルーツは笠岡諸島の真鍋島だそうです。近所なので親近感もわきます。

前半は陸戦、天王寺砦の攻防が中心です。圧倒的不利な本願寺側でひときわ活躍するのは雑賀孫一、戦国最強の鉄砲傭兵集団「雑賀衆」の頭領です。織田軍総大将の原田直政を討ち取る時のセリフ「我が雑賀衆に向けて種子島を使うた愚を思い知れ」しびれます。

後半は海戦、村上水軍VS真鍋水軍です。あまり内容にふれるのもアレなのですが、凄く面白いです。和田竜の描く合戦は、みな生き生きとして楽しそうです。そして敵味方関係なく「天晴れ!」と言いたくなるような清々しささえ感じさせてくれます。


実写化されないかな〜、景役はイメージではローラかな(役者じゃないから無理だろうけど)。村上武吉は寺島進、乃美宗勝は西田敏行、児玉就英は及川光博というイメージです。真鍋七五三兵衛は・・・該当者なし、あんなバケモノ演じれる人が思い浮かばない。「のぼうの城」の成田長親は野村萬斎が演じてましたが、知性が溢れすぎててイメージと違ったな。僕のイメージではロバートの秋山なのに。
映画化を強く希望する作品です。

歴史年表にあるかないか、あっても一行のこの戦を、こんな大作に仕上げた和田竜に感服です。次回作が楽しみです。
 

2015-03-01 11:21:04

コメント(0)

折りたたむ

書籍「進撃の巨人」38

書名
「進撃の巨人」
著者名
諫山創
出版社
講談社
一言
大人気の漫画です・・・・が
〜内容&感想〜

僕が買ったのは4巻まで出てたころで、「このマンガが凄い」のオビに目が止まって購入しました。今やアニメ化されるわ映画化されるわで押しも押されぬ超人気漫画になっています。
当院の待ち合いにも置いていますが、大人から子供まで手に取っているのを見かけます。

舞台は近未来の世界(だったと思う)で突如出現した「巨人」によって人類は絶滅の危機に瀕し、「壁」によって守られたエリア内での生活を強いられている。人類は100年間「壁」に守られて安泰に暮らしていたが、ある日「超大型巨人」が出現し、「壁」が破壊されてしまう・・・

世界そのものが謎に満ちており、「巨人」「政府」「過去の歴史」など、謎が謎を呼ぶストーリーが魅力です。設定に粗さはありますが世界観は作り込まれていて、先が気になる展開が人気なのかなと思います。

残念なのは絵が非常に下手である点です。とにかく人物の書き分けが出来てない上に馴染みのない名前で、出てきたと思ったらすぐに死んじゃったりで人物の入れ替わりが激しいから誰が誰だか解らない(僕だけでしょうか?)
ハンジ分隊長にいたっては、今だに性別も不明です。(ネットで調べたらおそらく女性らしいのだが、作者の「だったらこのまま曖昧なまんまで」という意向もあって、作中での性別ははっきりしていません)
キャプテン翼は「髪型」「髪の色」「肌の色」のみで書き分けてたけど、不思議と誰が誰か、ちゃんと区別ついてた。年をとったせいなのかな・・・今時の子供は気にせずに読んでいるのだろうか?

正直40過ぎのオッサンには、ついて行きにくい漫画ですが、先は気になるので今後も買い続けます。

 

2015-03-01 09:28:24

コメント(0)

折りたたむ

「ジェノサイド」37

書名
「ジェノサイド」
著者名
高野和明
出版社
角川書店
一言
壮大なストーリーに引き込まれます
〜内容&感想〜

ここ数年で2番目に面白かった!(1番は「新世界より」)
テーマはズバリ「人類滅亡」です。

難病を患った息子の治療費の為に、傭兵イェーガーは「今まで見た事のない生物を確認したら即殺せ」という極秘任務を引き受けてアフリカの奥地へ。
一方、薬学部の大学院生の古賀研人は、亡くなったはずの父からのメールを受け取る。不可解なメールと「GIFT」なる創薬ソフトを受け取った研人は指示に従い、未知の新薬の製作にとりかかるが、なぜか警察に追われるハメに。
イェーガーと研人、全く違う世界の二人を軸に、物語は展開します。
ミステリーなので内容にはあまり触れないでおきます。

陰謀あり、アクションありの娯楽エンターテイメント作品です。作り込まれたストーリーには感服しました。
2012年「このミステリーがすごい!」大賞受賞はダテじゃないです。
ただ、作者の自虐的な歴史観と反日的な姿勢が随所に見えて、それだけは本当に嫌でした。
そこさえ目をつぶれば、楽しめる作品ですのでオススメです。

2015-02-24 11:29:31

コメント(0)

折りたたむ

「新世界より」

書名
「新世界より」上・下巻
著者名
貴志祐介
出版社
講談社
一言
貴志祐介最高傑作!オススメです
〜内容&感想〜

僕は貴志祐介の作品が大好きで、作品は全部読んでいます(・・のハズ)。その中でもこの「新世界より」は「貴志祐介最高傑作」の呼び声も高く、寝る暇を惜しくなるくらい引き込まれました。

ジャンルはSFファンタジーですが、ミステリーの要素が強いので内容には詳しく触れませんが、舞台は1000年後の世界です。「呪力」と呼ばれる超能力を身につけた人類は、注連縄(しめなわ)に囲まれた田園で一見のどかな生活を送っている。しかしその世界の本当の姿は・・・1000年の禁断の歴史に触れてしまった少年少女5人を中心に物語は進みます。

「ミノシロモドキ」「ネコダマシ」「カヤノスヅクリ」「風船犬」「悪鬼」「業魔」・・・貴志祐介の描く不思議な世界に、不思議な生き物、不思議な言葉が散りばめられていて、最初だけ少し読むのにとまどうかもしれません。しかし緻密に練られた世界観、設定、描写、貴志祐介の真骨頂です。
主人公の住む世界そのものがミステリーで、ページをめくる手が止まりませんでした。

表紙の絵は日本の田園風景、タイトルは作品中に出てくる「旧文明の音楽」として使用されているドヴォルザークの名曲です。
ワケの解らない表紙・タイトルな上に、上・下合わせて1000ページ越えの超ボリュームですが、想像もつかないような世界が広がっています。
更新サボってた数年間で読んだ中で、一番面白くて衝撃を受けた作品です。絶対にオススメです!!

2015-02-10 09:06:48

コメント(0)

折りたたむ

「少年ケニア」

書名
「少年ケニア」1~20巻
著者名
山川惣治
出版社
角川文庫
一言
原点です
〜内容&感想〜
僕が読書好きになった原点がこの作品です。小学校の5、6年の頃だったと思います、突然親父が「わしが子供の頃に読んどったやつじゃ、面白いから読んでみろ」と言って買ってくれました。
小学生の僕にとって、全20巻の小説は圧倒的なボリュームでしたが、読み始めると内容に魅せられてあっという間でした。何回も繰り返して読んだ記憶があります。

内 容(うろ覚えなので一部wikipedia参照)ですが、アフリカを舞台にした冒険小説です。1941年のケニア(当時は英国植民地)で商社マンとして働く村上とその息子ワタル、主人公はこの少年ワタルです。敵対国の英国から逃れる為にケニアの奥地に逃亡する親子が、サイに襲われて逃げるうちに別れ別れに なってしまいます。一人になったワタルは倒れている老人の命を救います。この老人がタダ者じゃなくて、ケニア最強の部族「原始マサイ」の元酋長にして最強 の戦士ゼガで、ゼガはお礼にワタルの父親を探す旅を手伝う事になります。ゼガは、ワタルにサバイバルの知識や長槍の技術を教え、ワタルはたくましい戦士へ と成長していきます。
大蛇ダーナ(20mのニシキヘビですが味方)や巨象ナンターとも友達になって、猛獣や他の部族や恐竜(なぜかタイムスリップまでします)と戦いながら旅を続けます。

僕に似て読書大好きな娘に「そうだ、これ読ませよう!」と思い立って、探してみても見当たらず・・処分しちゃったみたいでした。今でも手に入るのかな?
戦後生まれの方には懐かしい作品ではないでしょうか?

 

2015-02-09 10:37:46

コメント(0)

折りたたむ

伊坂幸太郎

書名
「オーデュボンの祈り」
「ラッシュライフ」
「重力ピエロ」
「アヒルと鴨のコインロッカー」
「陽気なギャングが地球を回す」
「グラスホッパー」
著者名
伊坂幸太郎
出版社
新潮文庫・角川文庫・その他

今回は、「伊坂幸太郎作品群」です。厳密にいうと僕の蔵書ではなく、義妹に借りて読んだ本ですが、飛ぶ鳥落とす勢いの作家伊坂幸太郎について触れないわけには行かないので紹介します。

僕が読んだのは、伊坂幸太郎作品の中でも初期のものばかりです。作風として共通しているのは、全く関係の無さそうなエピソードがいくつか平行して進行し、ラストで謎や仕掛けた伏線が一気に爆発するような作りになっています。ストーリーの構成が非常に巧みで、常に本屋さんのランキングの上位に置いてあるのも頷けます。読んだ中で一番面白いと思ったのは「ラッシュライフ」です。

ただ、どの作品も面白いのですが・・・・僕の心にヒットはしませんでした。登場人物にリアリティが感じられないのです。小説にリアリティを求めるのも変な話ですが、「ラッシュライフ」の黒澤、「アヒルと鴨の~」の川崎、「重力ピエロ」の春・・・あまりにも冷静ですべてを達観している様子、そして突拍子も無いセリフ。ジャンルは全く違いますが、僕の好きな作品「北方水滸伝」には人間離れした連中ばかり出てきますが、ひとりひとり実に人間臭く描かれています。それとどうしても比べてしまいます。伊坂作品の登場人物にはこの「人間臭さ」が感じられず、人物への共感、感情移入が出来ませんでした。

結論!「面白いと思うが好みではない」、ファンの皆様スミマセン。 フォローするわけじゃないけど映画版「アヒルと鴨のコインロッカー」は良く出来てたと思います。面白かったです。

2014-12-02 12:14:10

コメント(0)

折りたたむ

強殖装甲ガイバー

書名
「強殖装甲ガイバー」1~27巻(以下続刊)
2011年3月現在
著者名
高屋良樹
出版社
徳間書店 → 角川書店

一言で片付けてしまえば、変身ヒーローもののマンガです。30半ばのおっさんが、そんなマンガを読んでいるのには二つの理由があります。一つは簡単「面白いから」であり、もう一つは作者の書くペースが殺人的に遅いことです。

この本を最初に読んだのは中学2年の時、友人のH君に1~4巻を借りたのがスタートです。お気づきでしょうか?僕が中2の時点で4巻、で、最新刊が27巻なんです。年に1巻出るか出ないかの超スローペース漫画なんです。

連載開始 → 掲載誌が廃刊 → 他誌で連載再開 → 廃刊 という不幸を繰り返す不運もありますが、にしても書くペースが遅すぎます。しかしながら、中学生の僕を魅了したこのマンガは、おっさんになった今でも僕の心をつかんで離しません。今でもいつ出るかわからない最新刊を心待ちにしています。

「クールジャパン」という言葉が最近使われています。日本のマンガレベルは非常に高く、海外でも評価されています。近年数多くのマンガがハリウッドで映画化されていますね。が、しかし、この「強殖装甲ガイバー」は1991年にすでにハリウッド映画化されているんです。しかも続編までアリ。 出演者には(主演ではない)あのマーク・ハミル(ほとんどの方が知らないと思いますが、スターウォーズでルーク・スカイウォーカーの役をした人)も名を連ねています。クールジャパンの超先駆け作品なのです。

海外でも評価が高いのは、作り込まれた設定と重厚なストーリーです。万人にお勧めはしませんが、マンガの好きな方には是非読んでほしい作品です。

作者の寿命が尽きる前に完結することを願います。

2014-12-02 12:13:18

コメント(0)

折りたたむ

のぼうの城

書名
のぼうの城
著者名
和田竜
出版社
小学館

舞台は、豊臣秀吉による天下統一目前の戦国時代。北条家は小田原城に篭城し秀吉に最後まで抵抗を続けるも、結局は秀吉の大軍の前になすすべなく開城をしてしまう。その中、たった一つだけ最後まで戦い、落ちなかった支城があった。その城の名は「忍城」。城主は、でくのぼうとあだ名され、家臣だけでなく領民からも「のぼう様」と呼ばれる無能の大男、成田長親。石田三成率いる二万の豊臣勢を迎え撃つは、農民含めて二千強の成田勢。この戦やいかに・・・

歴史小説ですが、どちらかというと柔らかいイメージで、終始明るい雰囲気で読めます。何を考えているか分からない「のぼう様」と、それを取り巻く個性豊かな家臣たち、そして攻め手の石田三成、大谷吉継、長束正家、皆いきいきと描かれています。

石田三成は書き手によって、いろいろなキャラになりますね。あるときは高慢な嫌われ者、あるときは友情に厚く頭も切れる知恵者、両極端です。一方、大谷吉継ですが、僕はこの人物について悪く書かれた物を見たことが無い。やはり義を重んじ友情の為に命を賭けた人物は誰からも賞賛されるのでしょう。関が原の戦で病を押して輿に乗って出陣し、非業の最期を遂げる逸話が有名ですが、作品中の大谷吉継は現役バリバリの勇将として登場します。
少数で大軍相手に奮闘する様を痛快に描いています。気軽に読めますので、女性の方にもお勧めできます。

映画化もされるみたいで、主演は野村萬斎だそうです。
ここで紹介する本は、映像化されるものが多いですが、決して話題になったから読んでいるんじゃなくて、読んだら面白かった→みんなも面白い→映画・ドラマ化の図式です。要するに僕はミーハーではないということを強調しておきます。そのうち誰も知らないような本も紹介していきます。

2014-12-02 12:03:45

コメント(0)

折りたたむ

テンペスト (上・下巻)

書名
テンペスト (上・下巻)
著者名
池永永一
出版社
角川文庫

読んだのは2年ほど前ですが、最近、仲間由己恵主演で舞台化されて、NHKでもドラマ化が決まり、再注目されている作品です。

江戸時代末期、清国と薩摩藩との二重支配という複雑な政治背景を背負った琉球が、この物語の舞台です。武家は刀を持つことを禁じられ、武家の男子は皆、刀を筆に持ち替えて科試(官僚試験)に合格することを家の名誉として勉学に励む毎日。主人公の真鶴もそのような武家に生を受けるが、女であるため、いくら優秀であっても官僚になることはできない。ある日真鶴は女の性を捨て、男として生きる決意を固め、宦官・孫寧温を名乗り、性を偽って官僚の世界に入っていく・・・。

主人公の孫寧温(真鶴)は13歳にして科試に合格、最年少記録を塗り替え、13ヶ国語を操り、四経五書を暗唱する超天才、謀略渦巻く王宮で、あるときは男、あるときは女として大活躍します。

清国・薩摩・西欧列強の狭間で外交の荒波を、琉球という小さな島国が知恵を振り絞ってくぐり抜けていく様は、今の日本と重なります。現在の日本に孫寧温のような優秀な外交官は現れないのか、やはり教育の大事さを改めて感じさせられました。

「答えの無いところに答えを出すのが外交だ」と本文中にありますが、まさにその通りですね。沖縄の基地問題を始め、様々な外交問題にみんなが納得する答えは無いと思います。でも何かしらの決定はしないといけない・・・。無力な私は、ただ孫寧温のような人物の到来を待ちつつ、子供の教育に精を出す今日この頃です。

2014-12-02 11:58:41

コメント(0)

折りたたむ

坂の上の雲

書名
坂の上の雲
著者名
司馬遼太郎
出版社
文藝春秋

読書好きの僕は、人に「面白い本は?」とよく尋ねます。1番多い返答がこの本でした。親しい先輩にも強く勧められ、無視できなくなって読み始めたのがごく最近(2010年7月)です。
いきなり好きな本のトップ1に躍り出ました。めちゃくちゃ面白いです!

秋山兄弟(陸軍騎兵隊を率いた兄・好古、海軍参謀の弟・真之)と正岡子規の3人が話の中心ではありますが、著者も冒頭で述べているように、明治維新後に近代国家として生まれたばかりの日本そのものが主人公であると言った方が良いかもしれません。
資源の無い小国日本が、いかにして清やロシアといった超大国と渡り合い、国家存亡の危機を乗り越え勝利したのか。綱渡りのような政策や外交や軍事作戦を、さまざまな人物が織り成していく様を描いています。

伊藤博文、陸奥宗光、小村寿太郎、明石元二郎、山本権兵衛、高橋是清、東郷平八郎、児玉源太郎、大山巌、広瀬武夫・・・魅力的な人物が生き生きと活躍します。国家とは?戦争とは?改めて深く考えさせられました。

現在(2010年12月)NHKのテレビドラマ「坂の上の雲」も2部に突入、こちらも面白いですね。個人的には好古役の阿部寛と小村寿太郎役の竹中直人がハマリ役かと思います。

「日本男児必読の本」と言っている方も多くいるそうです。僕もこの国に生まれたなら読むべき本のひとつではないかと少なからず思います。

2014-12-02 11:54:44

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2